四十肩、五十肩

広島市佐伯区の整体「施術院 爽」

四十肩、五十肩

四十肩、五十肩は一般的総称で40~50歳あたりの人に起こりやすい肩のトラブルなのでそう呼ばれています。医学的には肩関節周囲炎といいます。急にもしくは徐々に肩が痛くなり挙がらなくなり、痛みが無くなった後も可動域が低下したままになることもあるので適切な処置が必要です。以下五十肩で統一します。

五十肩の原因(一般的によく言われていること)

老化とともに肩甲骨の動きが悪くなり肩関節の構造が衰え、筋肉や関節周囲の軟部組織にダメージが蓄積し炎症がおこる。

五十肩の根本的原因

最も多いのが、猫背などの不良姿勢によって背中の筋肉が硬直し、肩甲骨や背骨自体の動きも悪くなり、疲労が蓄積しやすく抜けにくいカラダになったことである日突然爆発(発症)するというもの。

ただ割と良い姿勢でも、日頃ずっと同じ姿勢で作業している人は背骨の動きが悪くなってその影響で肩甲骨の動きも悪くなり、肩関節にダメージが残ってある日爆発することもある。

また五十肩のほぼ100%の人が肩関節内部の骨がズレてうまく噛み合っていない状態となっています。

一般的治療法(整形外科)

基本的に自然治癒を待つ感じです。
痛み止めの薬や注射、シップなどで炎症を抑える。

五十肩は自然治癒するまでに時間がかかりやすいのと、右肩が半年かかってやっと治ったと思ったら左肩が五十肩になってしまった、というパターンが多いです。
肩関節周囲の癒着がひどい場合、痛みが取れたあとも肩が以前のように動かなくなることもあります。

当院での治療

重度の症状でも関節に炎症が強くなければ2~3回でかなり消えます。炎症・関節面の変形が強くある場合は、週に1回の施術で2か月前後には、かなり楽になります。(変形性の関節疾患の場合は変形予防にもなります)

背骨の動きとズレ、肩甲骨の動き、肩関節内部のズレ、不良姿勢、すべての改善を目指します。
そうすることで疲労の蓄積にくいカラダを取り戻し、自然治癒力を最大化し、治癒期間を短縮し再発も防止します。

癒着してしまった関節の場合は少しずつ癒着をはがして元の可動域に近付けてゆきます。

 

一番大切なことは猫背にならないように気を付けたり、五十肩にならないように日頃からケアしておく、もしくは、五十肩になってしまった原因をよく知り再発防止するとともに、良い姿勢となめらかに動く関節を手に入れ維持することです。